​Hana / Maki

沖縄出身。十代前半の頃に小さい頃から患っていたアレルギーや肌の疾患が食べ物から来ていることに気づき、食に興味を持ち始める。ちょうど同じ時期にヨガにも出会い、瞬く間にヨガの内面的な世界観に魅了され、19歳の時にはRYT200を取得。

高校、大学時代の海外での暮らしの経験から、多様な国の文化や価値観、食などに興味を持ち始め、世界の様々な国を旅するようになる。大学卒業後、ヨガスタジオディレクターを経て、2019年にはインド、リシケシにてRYT500を取得。現在は「調和のある心地の良い暮らし」をテーマとしたプロジェクトSUNTOLUNAの運営をメインに、ヨガや、Raw Foodとプラントベースをメインとした食のWorkhopなども開催している。 

unnamed.jpg